健康を手に入れるために|通販マニア

健康を手に入れるために|通販マニア

オルニチン効果はどんなものなのか

   

オルニチンと肝臓の関係

良く飲酒をしていませんか。飲酒が多い場合は、だんだんとお酒が残りやすくなってくるのではないでしょうか。そうすると、朝起きても疲れが取れていないと言うこともあるでしょう。 どうして、お酒が残りやすくなってしまうのか、そして、疲れやすくなってしまうのでしょうか。 飲酒によって肝臓が疲れてしまい、全身の疲れまで取れにくくなってしまっているのです。 では、どうすればこの状態を改善することができるのかというと、オルニチンを摂取することです。 どのような関係性があるのか。実は、オルニチンには解毒作用をサポートする力があるからです。 飲酒によって肝機能が低下してしまった人も摂取を続けることで、肝機能が正常に戻ったというデータもあります。 それだけ、飲酒をすることによって、大量に解毒をしてしまったことで肝臓が疲弊してしまったということでしょう。 肝機能が低下してしまうと、いろいろな病気へと発展してしまう可能性もあります。 すでに、疲れが取れにくいというような自覚症状が出ている人は、オルニチンのサプリメントやたくさん含まれている食品を意識して食べるようにしましょう。 そうすれば、肝機能が正常に戻って病気のリスクも少なくなるでしょう。

オルニチンと疲労回復の関係

オルニチンとは、遊離アミノ酸の一種で、体内にもともと存在する物質です。 体で代謝やエネルギーの産生を行っている臓器の一つに、肝臓があります。 肝臓は、体内に摂取された成分を代謝し、行動する時に必要なエネルギーを作り、体に不必要なものや体に悪いものは分解をして体外に排出されるようにします。 この肝臓の働きが悪くなると、必要なエネルギーを作ることができなくなったり、物質の代謝が遅くなったりします。 これにより、より疲れやすくなるのです。オルニチンは、この肝臓に働きかける作用があります。 肝臓ではアルコールやアンモニアなども代謝されますが、これらの量が増えると、代謝が追い付かなくなり、やはり疲労を感じたり、肝臓そのものが疲労してしまいます。 オルニチンを摂取すると、このアルコール代謝やアンモニアの代謝が促進されることが分かっています。 そのため、オルニチンは、疲労回復に役立つとされているのです。 また、肌の潤いに関係のあるコラーゲンの生成を促進したり、質のよい睡眠をもたらす効果などに関する研究も進められています。 オルニチンは、食物にも含まれており、特にシジミに多く含まれています。また、最近では、サプリメントなどもあります。

オルニチンサプリメント

オルニチンを摂取するといってもなかなか効率良く摂取できません。 そこで最近多くの方が利用しているのがオルニチンサプリメントです。 実際CMでも流れていたりするのでご存知の方も多いのではないでしょうか。 ちょっと興味があるという方はこちらのオルニチンサプリを参考にしてみてはどうでしょうか。

オルニチンを多く含む食べ物

「オルニチン」はアミノ酸の一種であり、同じく天然に存在するアミノ酸のである「アルギニン」の分解によって生成され、尿素回路を構成する物質としての役割を担っています。 オルニチンは成長ホルモン誘導体としてアルギニンとともにサプリメントとして飲用することで、多くの健康効果が期待できることが知られています。 オルニチンの健康効果の中で特に注目をされているのが、疲労回復効果です。肝臓でアンモニアの代謝を促進し解毒作用を助ける機能があり、アルコールの摂取などで体内で生成されるオルニチンの量が減少した際に、サプリメントや食物で補うことで疲労回復や二日酔いの軽減効果があります。 この成分が多く含まれる食べ物の代表格はシジミです。 二日酔いにシジミの味噌汁が効くというのは日本で昔から知られてきた事実です。 近年では、シジミを主成分に使用したサプリメントが発売されており、多くの方が利用されています。 シジミ以外の食べ物でこの成分を多く含むものとして、チーズ、キハダマグロ、エノキダケにも含まれています。 エノキダケの健康効果も近年注目されているところですので、シジミとともに食材として積極的に摂取すると良いのではないでしょうか。

オルニチンの摂取量

肝臓でアンモニアを解毒する「オルニチンサイクル」の活動を助けることで、エネルギー代謝を行うTCAサイクルやブドウ糖を合成する糖新生を促す効果をもたらすオルニチン。 肝臓の働きを高め疲労を回復し、エネルギー代謝を活発化してダイエットにも効果があると言われているものですが、その摂取量は1日400mg~1000mgが目安とされています。 ただし目的によって必要な摂取量は違っており、肝臓の機能を維持するのが目的なら1,000~1,500mg、ダイエット目的なら2,000~3,000mgとも言われています。 これを食物から摂るとなると、最も多く含まれているとされるシジミでも、100g(35個)から摂れるオルニチンは10~15mgであり、現実的ではありません。 したがって、サプリメントで効率よく補うのが良いということになります。 サプリメントで摂取する場合の注意点ですが、オルニチンは体内に蓄積しておくことができないので、一度にまとめて摂るよりも1日分を3回に分けて摂るといった工夫が必要です。 空腹時は胃に刺激となることがあるので食後の服用がおすすめです。 基本的に安全な成分で、過剰摂取しても重大な健康被害を起こすことはありませんが、場合によっては胃の痛みや下痢・腹痛などの胃腸障害を起こすこともあるので注意が必要です。

オルニチンの副作用

オルニチンは、疲労回復やダイエットなどの効果があると言われていますが、サプリメントでの摂取では副作用が起こる可能性があります。 現在のところ、オルニチンを摂取した場合、重大な副作用が起こることはないとされており、毎日5gから7gほど摂取し続けても何らかのトラブルは起こらなかったという臨床実験もあります。 サプリメントによる摂取では、7gもの量を摂取することは不可能に近いので心配はありませんが、摂取しすぎると体質によっては腹痛や痙性胃痛、下痢などが起こる可能性があります。 オルニチンには、アルギニンやシトルリン、リジンといったアミノ酸が多く含まれており、アミノ酸を過剰摂取することで起こります。 胃腸がデリケートな人は、注意しておくとよいでしょう。 また、オルニチンとその他の成分を配合したサプリメントでは、過剰摂取によって肌荒れが起きたというケースもあります。 オルニチンは、遊離アミノ酸と呼ばれる成分で構成されており、体内に蓄積されるものではないので、副作用が起こりにくいのです。 しかし、体質によっては何らかのトラブルが起きてしまう可能性があるので、初めて摂取する場合は少量から始め、体調を考慮しながら摂取量を徐々に増やしておくほうが良いでしょう。

お酒を飲む人にはオルニチン?

毎日の仕事が終わると、お酒を飲むことを楽しみにしている人がいます。 ストレス解消からも、何か楽しみをもちそれを実行することは悪いことではありません。 ただ、適量を飲むことがお酒には必要です。 しかし、わかっていてもたくさん飲む人が多くいるのも事実です。 そのために、健康に害がでないように対策をすることです。 最近、話題のオルニチンという成分があります。 これは、摂取することで、胃や腸で吸収されて肝臓や腎臓、筋肉などの大切な栄養になります。 お酒のために、働きすぎる肝臓には特に効果が期待できます。 それは、肝臓に存在しているミトコンドリアの働きをを活発にして本来の機能に戻す作用があるからです。 有害物質の解読をスムーズにし、肝臓疲労や二日酔いにも効果があります。 そして、全身疲労にも効果があり、疲れにくくなります。 また、肝臓機能を強くしてくれます。 このように、お酒を飲む人には欠かせない成分がオルニチンです。 1日の摂取目安は「400mg~1000mg」となり結構な量になります。 最近は、手軽に取れるサプリメントがあります。 自分の健康を、意識するのならお酒を飲みなら積極的に体内に摂りたいものです。 肝臓を、強くすることで機能がアップしていきます。

γ‐GTPの値が高い人にはオルニチン?

健康診断でγ‐GTPが高いと言われた!そんなとき、あなたならどうしますか? γ‐GTPは、抗酸化作用や解毒作用をもつグルタチオンという化合物の生成にかかわる酵素です。 肝臓や胆のうに異常があると、γ‐GTPが血液中に出てくるため、この値が高い人は、肝臓や胆のうに病気がある可能性があります。 例えば胆石などが影響して胆汁がうっ帯している場合や、アルコールや薬物の解毒作用で肝臓に負担がかかっている場合などです。 特にγ‐GTPはアルコールに敏感で、毎日お酒を飲む人は、高く出やすくなります。 また、肝臓に脂肪がたまってフォアグラのようになった状態『脂肪肝』であると、肝臓の働きを妨げてしまい、値が高くなることもあります。 では、γ‐GTPを下げるにはどうしたらよいのでしょうか。アルコールを控え、バランスの良い食生活を送ることで肝臓の負担を減らすことはもちろんですが、オルニチンを摂るとより効果的です。 オルニチンには、肝臓もつ解毒作用を助け、肝臓の機能を妨げる脂肪を燃焼させてくれる効果があるのです。 しじみに多く含まれているこの成分ですが、サプリなどでも手軽に摂ることができます。 健康な肝臓を守るために、オルニチンを継続的に摂ってみてはいかがですか。 γ‐GTPについて詳しくはこちら⇒γgtp(ガンマgtp)を下げる良い方法とサプリメント比較

 - オルニチン