健康を手に入れるために|通販マニア

健康を手に入れるために|通販マニア

ロコモティブシンドロームの対策にどのようなものを摂取するべきか!?

   

最近よく聞くようになったロコモですが正式にはロコモティブシンドロームで運動器症候群といいます。
日本整形外科学会が2007年に提唱し、一気に名称が広がりました。
これは運動器の障害によって移動機能が低下し、要介護になる危険性が高い状態になることです。
厚生労働省の調査では要介護になった原因に運動器の障害が原因という方が非常に多いという調査結果が出ています。
実際ロコモティブシンドロームは予備軍を含めると4000万人以上と言われています。
これからさらに高齢化が進み運動器系の問題で要介護になる方はさらに増えていくと考えられます。

ここで今元気だから「私は大丈夫」というものでもありません。
実際、関節が痛くなったりして動けなくなってからでは遅いです。
痛くて動けないくてさらに運動しなくなる、寝たきり、要介護ということになっていきます。
ですから症状がない健康な状態から対策して気をつけておくことが大事です。
症状がなくても体の内側では何らかの問題が起きている可能性もあるわけですからね。

ロコモティブシンドロームの原因

ロコモティブシンドロームの原因はいくつかあります。
加齢による運動機能の低下や運動不足、過度な運動などが考えられます。
加齢による運動機能の低下や運動不足などは筋力が低下することで関節に負担をかけてしまいます。
そうするといろいろな障害が起こる可能性があります。
過度な運動というのはスポーツなどで関節などに余計な負担をかけるのもそうですが重いものを運ぶなど仕事での負担も関係してきます。
こういったことにより変形性膝関節症と変形性腰椎症などにつながります。
実際、この二つがロコモティブシンドロームにも大きく関わっています。

ロコモティブシンドローム対策

やはり基本的には運動不足などによる筋力の低下があります。
継続的な運動をすることが大事です。
ウォーキングなどもそうですが、膝に負担をかけないという意味では水泳なども良いのではないでしょうか。

あとは筋肉の衰えや関節への負担などで軟骨がすり減ってしまい骨がぶつかることで痛みが起こったり、変形性膝関節症ということにもつながります。
ですから関節・軟骨のサポートが大事です。
軟骨はクッションの役割であったり、関節の表面を滑りやすく保つ役割をになっています。
ですからこの軟骨の生成をサポートすることも考えると良いのではないでしょうか。
ちなみに軟骨は水以外で言えばII型コラーゲン(約75%)、プロテオグリカン(約15%)、ヒアルロン酸(約5%)、その他(約5%)で構成されています。
ですからこれらの成分を意識的に摂取するというのも一つではないでしょうか。
そういった成分がまとめて配合されている健康食品もありますので紹介しておきます。

おすすめ商品
北国の恵み

北国の恵みはII型コラーゲン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸の3つの成分が配合されています。
そして、さらにポイントは非変性II型コラーゲンを配合しているというところです。
非変性II型コラーゲンは体内にあるII型コラーゲンと同じ形を維持しており浸透しやすいのが特徴です。
一般的なコラーゲンはバラバラで体内で運開され単なる栄養素となってしまうということなんです。

ロコモプロ

ロコモプロはII型コラーゲン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、赤しょうがエキスが配合されています。
そして、販売している企業が飲料系などを販売しているダイドードリンクということで知名度があります。

プロテウォーク

プロテウォークはII型コラーゲン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチンが配合されています。
これまでの販売実績もあり利用しやすいのではないでしょうか。

 - ロコモティブシンドローム